ブログ

観葉植物は甘い?★パキラ&コンシンネ

なんだか、最近洋服屋さんのブログじゃなくてお花屋さんのような書き込みが増えてますが、、、
今回もそんな感じです。

正直言いますと、洋服以外の内容を書くと、洋服の紹介とかのブログの3~5倍ぐらいの閲覧があり、喜んでいいのやら悲しんでいいのやら、、
まあ、喜んでいただけたらこちらとしても嬉しいので、最近ちょっと調子にのってこんな書き込みが増えてるのも事実です。

では、始まり始まり~

とりあえず何でも味見してみる
私だけじゃないと思うのですが、、、

皆さんそんなことありませんか?
冷蔵庫にある賞味期限切れのものとか、ヤバそうな食べ物とか、食べれそうやけどなんだか得体の知れない物とか?

何の話かと言いますと、、
最初にも書きましたが、、お店の観葉植物のお話です。

店内には開店の時に頂いた観葉植物がそれぞれ増殖し結構な子どもたちでいっぱいになっています。
その観葉植物の中でも、パキラとコンシンネ!

ご存じない方のために
パキラってこの子です

で、こっちのお子様がコンシンネ

この一族たち、暖かくなると、茎?葉の付け根?から何やら水滴を出すんですね
触ってみると結構な粘度!
もしかしてこれって!

何でも味見してしまう店長でありますワタクシ!

ペロリン!

ん~~~~あま~~い!
蜜やん!

どちらもかなりの少量ですが、なかなか上品なアジでこれ集めてメープルシロップみたいに売れへんかな~なんて、、
でも、1本の木から取れるのは1ccぐらい?なのでどんだけ育てないとアカンのかを冷静に考えたらいつもそこで頓挫してしまっています。
パキラシロップ長者とか、コンシンネシロップ長者は妄想だけで終わってしまっているのが現状と言うことですね。

これね!
まずパキラ

続いてコンシンネ

興味のある方は是非試して下さいね!

お家にパキラもコンシンネもないけど、どうしても試してみたい方は当店でお試しください。
ちなみに、今までお店でチャレンジされた方は数名いらっしゃいますが、いまだにお元気ですので食べても大丈夫かと、、、
しかし、食べてもいいものかどうかは定かではないので、、、お腹痛くなっても知りません。

あっ!それから何度かこのブログにも登場したモンステラ!

これ

この子も、葉っぱから水滴を出すんですが、、、、
暖かくなったときだけじゃなくて、水をたっぷりとあげた翌日に結構な量で!
ビール好きのワタクシ店長にたとえて言うならビール飲みすぎたので、おしっこばっかり出るじゃん!みたいな感じで水分を放出しているような感じの気がします。

しかし、そこはワタクシ!
何でも味見しないと気がすまないので、ペロリをひと舐め!

んんっ!
なんか苦いぞ、、、舌痺れてる?、、、
、、、やばいかも、、、、
ということで吐き捨てて、うがいをした次第です。

かなり前に調べたことなのでええかげんにしか覚えていませんが、モンステラの茎には毒?があり汁が付くと皮膚が痒くなったりするようなことがあったようなで、葉っぱから吹き出た水分にもその毒素が混ざっていたのかもと勝手に想像しています。

その一度だけが、そんな風になったのかな~と思い何度かチャレンジしたのですが、ときには痺れは無くてもやはり苦かったりでモンステラの水滴は結局アカンやつという結論に至りました。

今書いていておもたんですが、モンステラのおしっこ味見してたような気がしてきてちょっと憂鬱です。

さあ、鬱陶しい日が続きますが、ワクワクする洋服を着て、楽しくすごしましょうね!


ロゴT&ジレ★

カジュアルなスタイルにプラスするだけでちょっとお洒落なイメージを変えることが出来る夏のジレ!

ロゴT:¥7900
ジレ:¥6900
スカート:¥12000
(税抜)


アボカドの挿し木★その後

またまた、アボカド栽培日記です。

アボカドをカットして水挿し木にしていて新芽が出てきて、ぼちぼち新しい枝も伸び!
だけど、、新しい葉は元気よく増えてくるんだけど、、、、葉が大きくなってくるとなんだか乾燥気味で元気が無い、、

去年はこんなに大きくなる前に土に植えて、その結果⇒すべてあの世行きにしてしまったので、今年は水挿しで根をしっかりと育てて土にと考えていたんですが、いくら待っても根が出てこない、、
写真のようなぶつぶつは出来るんだけど、、、

何かいい方法がないか?と考えた挙句こんなことにチャレンジしてみようと思いつく

去年は普通に土に植えて枯れてしまった

なら、土に植えて水をしっかりやればいいじゃん

いっその事ドロドロの土に挿せば水も栄養も摂れて元気になるんと違う?

ということで、瓶に土と水を入れて蓋をしてシェイク!
で、水を張った田んぼのような状態の土の中に差し込んでみました。

さあ、これが吉と出るか凶と出るかは、、、

以上、アボカド栽培日記でした。