アボカドの剪定より1ヶ月


本日のピックアップは1ヶ月前にバッサリと(2m⇒30cm)切ったアボカドのその後を少しばかりお届けましす。
こんな感じにしっかりと2手に分かれて13cmほど枝が出てきました
↓↓↓
a0301

a0302

この枝もしっかりと伸びてきたら、更にバッサリと切っていきどんどん枝を増やしていくのがエエらしいです。

アボカドって雌雄異熟花らしく、1本の木で雄の花と雌の花が咲くんですが、咲く時間が午前中と午後とかで別れてしまい、1本ではほぼ受粉できないようです。

雄が午前とか雌が午後というのは決まりがなくて、木によって午前に咲く雄もいれば、午後に咲く雄もいるそうなんです。
ということは、、うまく行けば2本あれば実が出来るってこと?
最悪は何本か木がないとアボカドって実が出来ない?

って考えてたら、午前に雄の花咲いたら綿棒か何かで花粉?とって、午後に雌の花に受粉させてあげれば良いんじゃないか?なんて思いついたんですが、それってどないなんでしょう?

こんなことばっかり考えてたら、頭の中がアボカドだらけになってきて、食べてくなって来ました。